上智大学職員の選考内容について

このサイトでは、ぼくが実際に大学職員への転職にチャレンジした実体験(聞かれたことや選考内容)や友人の選考内容をまとめています。

➡️立命館大学(関西)
➡️同志社大学(関西)
➡️関西大学(関西)
➡️早稲田大学(東京)

➡️東京理科大学(東京)
➡️慶應義塾大学(東京)
➡️明治大学(東京)
➡️青山学院大学(東京)

今回は上智大学です。
転職エージェントに登録し、面接などのアドバイスを受けていましたが、自分で見つけた上智大学の公募に応募して見事に内定を勝ち取りました。

 ▶︎登録して利用した転職エージェントはDODA


そういう意味では転職エージェントを介した非公開求人ではないですが、転職エージェントをうまく使って、とても効率良く選考を進めたと思いますので、そのあたりも書いていきたいと思います。

では、上智の選考内容をみていきましょう。

数年前の内容なので、現在、選考内容は変更されているかもしれませんが、質問など参考にして頂ければ嬉しいです!

▶︎通過率100%を目指す!志望動機・自己PR作成方法

【志望動機・自己PR】「通過率100%を目指す!大学職員志望動機/自己PR作成マニュアル」を作成しました!

 

 

 

 

全体スケジュール


Webエントリー
マイナビのwebエントリーを実施
 ※確か職歴があれば何歳でも応募できたはず
 ▼

エントリーシート作成・提出
エントリーシートがWebで公開されるのでダウンロードして作成
 ▼

書類選考
 ▼

1次選考(個人面接)
 ▼

2次選考(個人面接)
 ▼

最終選考(個人面接)

 

 

書類選考(エントリーシート)


大学が指定する様式のエントリーシートを作成する。

<内容> A43枚の様式(1枚目は履歴事項、2枚目は職歴、3枚目志望動機など)
①氏名や住所、出身大学などの項目

②語学(TOEICやTOEFLなどの成績)

③職歴(職務内容や期間、主な成果など)

④上智学院を志望する理由と、これまでのキャリアや経験をどのように活かし、大学職員として何を成し遂げたいか、具体的に述べよ

書類は印刷の上で郵送します。

 

 

1次選考 個人面接


面接官3人 対 受験生1人の個人面接。時間は30分程度。

エントリーシートに沿って聞いてくるのみ。

・志望動機について。なぜ大学職員になりたいのか。

・その中でも本学を選んだ理由は?

・前職を退職した理由は?

・前職ではどのような人間関係だったか?うまくやっていけるタイプか?

・前職で一番印象に残っている仕事や経験は?それはなぜか?

・前職で得たことは?能力や知識などなんでも良い。他には?

・大学でそれらの能力や知識をどのように活かしたいのか?

・好きなタイプの上司、嫌いなタイプの上司はそれぞれどのような人か。

・あなたがグループリーダーとして部下を持ったとすれば、困っている部下にどのような言葉をかけるか?

・最後に言っておきたいことは。

 

 

2次選考 個人面接


面接官5人 対 受験生1人の個人面接。時間は30分程度。

 

・志望動機について簡単にどうぞ。

・なぜ上智大学を選んだのか?出身大学との違いはどのようなところにあるか?

・前職では大学と関わって仕事をしたことはあるか。どのような仕事か?

・大学と仕事をした際の感想や印象は?課題があったならどんなところだったか。

・あなたが上智大学のメンバーとなったら、大学職員としてどんなことにチャレンジしたいか。

・新しいことを自ら率先して進めるのは好きか?

・キャリアアップや自己研鑽など、これまでやってきたか?これからどのようなことがしたいか?

・前職での経験で、最も印象に残っていることは?

・前職で何を一番学んだのか?それを大学職員としてどのように活かすのか?

・大学職員としてどのような仕事がしたいか?

・希望する部署などはあるのか?他には?

・大学職員は異動があり様々な仕事を経験してもらうが、大丈夫か?

・逆にこれだけはやりたくない仕事などはあるか?

・最後に言っておきたいことはあるか?

 

 

最終選考 個人面談


面接官5人 対 受験生1人の個人面接。時間は15分程度。

役員面接?聞かれたことも2次に比べるとザックリしていた。

 

・もしあなたが上智大学専任職員に採用されとして、抱負や目標を述べてください。

・大学職員としてどのような仕事がしたいか?他には?

・前職以上にストレスの溜まることも多い仕事もあると思う。日々のストレス解消法は何かあるのか?

・学生一人ひとりに気配りができる大学職員とはどのような人か?

・これからの大学業界について、課題は?その中で上智大学はどのような点に力を入れていくべきか。

・今までの面接で納得がいかない点やうまく答えられなかったことがあればこの場で。

・最後に言っておきたいことは。

【8割の人が書類選考で脱落します。書類選考をまず突破するためのバイブル】

 

 

 

 

 

 

 

 

内定について


・既卒の内定者は2名。

 

 

合格者は転職エージェントをうまく使って上智大学の内定を見事得ました。

転職エージェントにエントリーシートの添削や、面接対策(模擬面接を2回)をやってもらっており、こうした面接の練習が内定をグッと近づけたと思います。

大学職員の転職には「転職エージェント」を使うのが最も最短でかつ効率的です

参考に、ぼくが使っていた転職サービスを紹介しておきます。
もちろん全て無料です。

⭐️DODA


*大手大学だけでなく、中規模・小規模大学にも対応してくれます
*最近の大学職員採用者で最も利用が多いエージェントらしい

 

⭐️パソナ

*平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談してくれます
*エージェントさんの人柄が良かったです

 
⭐️【第二新卒エージェントneo】

*模擬面接で利用させてもらいました

 

 

以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

*選考後に思い出して書いている内容のため、正しく書けていない部分もありますのであくまで参考程度にお読みください。
*自分自身の選考とは別に友人のものも掲載しています。

*実際の選考内容と合致しない場合があります。
*現在行われている選考とは異なる場合があります。
*本掲載内容により被った損害について、当方に責任はありません。(あくまで参考に)
*各大学の守秘となる項目や個人が特定できる質問は掲載していません。
*ご意見がございましたら運営者までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です