関西大学職員の選考内容について

このサイトでは、ぼくが実際に大学職員への転職にチャレンジした実体験(聞かれたことや選考内容)や友人の選考内容をまとめています。

➡️立命館大学(関西)
➡️同志社大学(関西)
➡️東京理科大学(東京)
➡️慶應義塾大学(東京)
➡️早稲田大学(東京)
➡️明治大学(東京)
➡️青山学院大学(東京)
➡️上智大学(東京)

 

今回は、関西の有名私立「関関同立」の中でも「関西大学」です。

では見ていきましょう!

  ▶︎通過率100%を目指す!志望動機・自己PR作成方法

【志望動機・自己PR】「通過率100%を目指す!大学職員志望動機/自己PR作成マニュアル」を作成しました!

 

 

 

全体スケジュール


エントリー:3月~4月
  ⇩
書類選考
(書類受付:4月中旬~4月下旬)
  ⇩
適性検査(WEB適性検査)
  ⇩
第1次選考(集団面接)
  ⇩
第2次選考(個人面接)
  ⇩
第3次選考(個人面接)
  ⇩
第4次選考(役員面接)※最終選考

 

 

選考内容 書類選考


応募内容は以下の3点です。

①履歴書

②自己紹介書

③職務経歴書(職務経歴を有する者のみ)

PDFをインターネットからダウンロードして手書きで作成します。(ワードとかにして欲しい…)

①はお馴染みの出身大学等の自分の情報を記入するだけですが、②の内容は、

「研究課題及び興味のある科目およびその内容」「大学生活において力を入れたこと又は現在頑張っていること」「趣味特技」「免許・資格等」「私の特徴(自己PR)」「志望動機」「その他自由記述欄」です。

①・②合わせてA41枚なのでそこまで分量がありません。
(各項目200~300字くらい)

③は自由記述です。

4月下旬に書類選考が締め切られ、合否結果はマイナビの通知で5月中旬に届きました。

【8割の人が書類選考で脱落します。書類選考をまず突破するためのバイブル】

 

 

 

 

選考内容 適性検査(WEB)


WEB上で適性検査を受けます。

いわゆるSPIのような一般教養の問題です。(文章理解、計算、図形、英語など)

制限時間が来ると回答ができなくなります。

ぼくはあまり時間が足りず、正直できた気がしませんでした。

5月下旬までに受けるよう指示があり、合否結果は6月初旬に届きました。

 

 

選考内容 1次面接


面接官3名 対 受験者5名 の集団面接です。
時間は15分程度と短かったです。

エントリーで提出した「自己紹介書」に基づいて質問が来ました。

<内容>

・志望動機、自己PRを簡潔に。

・なぜ大学時代に〜〜〜をやろうと思ったのか。

・そこで得られたものは?課題などあった?

・好きな動物は。その理由は。自分を動物に例えると何か。

一人3〜5分くらいしかなかったと思います。

受験した日の同じ週末に選考結果の連絡がありました。

 

 

選考内容 2次面接


面接官6名 対 受験者1名 の個人面接。
時間は、20分くらいでした。

1次は受け答えや話すしぐさ、雰囲気を見られている感がありましたが、2次は「なぜ大学職員?」「なぜ関西大学?」をとにかく集中的に聞かれました。

面接自体の雰囲気は、質疑の切り返しが早いものの、穏やかでした。

<内容>

・志望動機をどうぞ。
・なぜ大学職員に転職しようと思ったのか。
・周囲の反応は。誰かに相談しているのか。
・前職での経験について、何か一つエピソードを。
・なぜそのエピソードを選んだのか。他には?
・前職で学んだことを、どのように大学職員として活かそうと考えているのか。
・なぜ関西大学の職員になりたいのか。
・関西大学のイメージは。

 

選考内容 3次面接


面接官6名 対 受験者1名 の個人面接。
時間は、30分くらいでした。

雰囲気は、前回より少し堅い感じです。前回より上の方が出てきています。
6名いますが、実際に質問するのは2、3名の面接官でした。

<内容>

・志望動機と自己PRを簡潔に。
・自己紹介書に書いてある「大学時代の経験」についてもう少し詳しく。
・なぜそれをやろうと思ったのか。仲間と成し遂げたのか。
・大学生時代にやり残したことは。なぜか。
・前職での職務内容を簡潔に。
・大学と関わる仕事はあったか。無ければなぜ大学に転職しようと思ったのか。
・前職で大変だった事は。それをどうやって乗り越えたのか。
・転職しても前職よりさらに厳しい仕事をしなければならなくなったらどう対処するか。
・リーダーとして部下をまとめる立場になったら、どんな事を心がけるか。
・なぜ関西大学で働きたいのか。関西大学以外でも良いのではないか。
・関西大学の職員としてやりたい仕事はあるか。他には。
・大学業界は今後ますます厳しくなっていく。それでもなぜ大学で働きたいと思うのか。
・チームでの仕事は得意か。その理由は。
・最後に何か言っておくことは。

 

 

選考内容 4次面接(最終)


次は実質的な選考というより役員面談です、とのことで事前に連絡があります。

気が抜けてしまって、メモするのを忘れてしまっているのですが、集団面接でした。

面接官4、5名 対 受験者5名程度

穏やかな雰囲気で、関西大学職員になったらやりたい業務、大学を良くしていくにはどうすればいいか、など「抱負」を聞かれました。

4次に進んだ人全員が内定の連絡を受けているようです。

選考の次の日に結果が届きます。

 

 

内定に向けて


✅ オーソドックスな質問ばかりでしっかりと準備すれば対応できる
 ⭐️よくある質問はこちらのページでまとめています

✅ ホームページでも公開されている通り、内定者の9割くらいは関西大学出身者

✅ 選考が全て「平日」のため、働きながら選考を受けたい方は年休を残しておく

 

ぼくが利用したのは下記エージェントです。
気になった方は登録してみて情報を取ってみるのも良いかと思います。

⭐️パソナ

 ↑こちから登録できます
*エージェントの対応が良い(適切なアドバイス・相談してくれた)
*平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談してくれる
*大学への転職支援に強い

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

みなさまの選考がうまく進みますように!

*選考後に思い出して書いている内容のため、正しく書けていない部分もありますのであくまで参考程度にお読みください。
*自分自身の選考とは別に友人のものも掲載しています。

*実際の選考内容と合致しない場合があります。
*現在行われている選考とは異なる場合があります。
*本掲載内容により被った損害について、当方に責任はありません。(あくまで参考に)
*各大学の守秘となる項目や個人が特定できる質問は掲載していません。
*ご意見がございましたら運営者までお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です